資格と経験

医療現場というのはとにかく経験がものを言います。医学部生や看護学生なども学校では座学はもちろん実際の病院で多くの時間をかけ
て実習、研修を行います。座学で知識を頭に詰め込みそれを実習で生かすということになりますが、いくら医療系の学生とはいえ出来ることは限られます。それは学生だから、ということもありますが本人の知識量や経験の量が不足しているということが言えるでしょう。経験を積むにはとにかく現場へ出る期間を長くするしかありません。最近では高度化する医療に対応するためにもチーム医療という言葉のもと、患者に向き合うことが増えていますが、その中でも看護師で専門看護師、認定看護師が活躍することが多くなっています。専門看護師、認定看護師というのは看護師の中でもさらに知識、経験量ともに豊富であることが認められた人たちのことで、資格です。看護師になってから一定期間経たないと資格取得も目指せないし、看護系の大学院を卒業しなければならないので時間も金銭的にも余裕がなければなりません。最近は高齢化社会ということで、訪問看護認定看護師などのニーズが高まっています。住み慣れた自宅で療養したいという高齢者が多いからです。看護師という仕事は忙しいですから勉強する暇もないですが、専門看護師など資格のある看護師が病院に存在すればその病院の強みにもなるので、積極的に資格を取得するようにバックアップしている病院も増えています。仕事の時間を短くしたり、かかる費用の補助をしたりなど、資格取得を目指す人からすればありがたいことばかりです。それほどまでに資格が新しいことで必要だと認識されているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です