高齢者向けの施設

高齢化社会が進んでいく中で、まるでホテル並みの老人ホームがたくさん建設されています。そのほかにも、シェアハウスのようにいろんな人と共同で暮らしていくスタイルもの、老人ホームと言えどそのなかで仕事ができるもの、そして、従来からある老人ホームなどいろいろなスタイルのものがあります。老人ホームへの入居者はかなりの数です。驚くことにホテル並みの高級老人ホームもたくさんの入居者がいます。同じ年代の人たちと接することのできるこういった施設に、進んではいる人もいます。しかし、中には自宅で暮らしていきたいという人もいます。何かの病気を持っていて、入院しなくてはいけない状態だとしても、訪問看護などのサービスを受けることで自宅で療養できるサービスがあるのだそうです。しかし、これも、無料というわけにはいきません。どの程度の看護が必要かによって、来てもらう回数や看護の内容も変わりますが、年金暮らしで暮らしていて、ほかには何の援助もないような人の場合は利用することは難しいのではないかと思います。父が入院しているのですが、なんだかんだ言っても世の中はお金がいるのだなとつくづく感じました。日当たりのよいきれいな部屋は当然料金も高いですし、命を引き延ばすためにできる治療もお金がかかるのです。お金をたくさん持っていても、受けられる治療がないこともあるかもしれません。治療が可能な病気の高齢者が、自分の望みどおりに生活していくには、それなりの経済力が必要なのだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です